不動産会社の社長の悩みを解決するパワーマップの本当の役割

2019.07.07

このブログは成約率を上げたいと考えている不動産会社の社長さん向けの記事ではあるが、決して成約率を上げる方法を調べていてたどり着くことを目的としている記事では無い。

パワーマップに興味を持ち、本当に自分の会社の戦力となってくれるツールなのか?本当に売り上げを上げることが出来るのか?そんなパワーマップについてまだよくわかっていない人が指名検索してたどり着く事を目的としている。

そして、パワーマップの可能性を信じ自分の会社を成長させようと本気で取り組んで居る人だけが得ることの出来る情報がここにはある。

もし、この記事を読んでいるあなたが不動産屋の社長さんであるならばこのブログを読み終えた頃にはひとつの大きな悩みを解決出来るとワクワクしているかもしれない。

営業マンや店長でも、社長にこのブログを紹介するだけで大きな評価を貰えるハズだ。

なぜなら、このブログには不動産会社の社長が抱えている悩みや課題を解決するための答えが載っているからだ。

そこで、この記事では不動産会社の社長が抱えている悩みを抽出しその解決方法を紹介していこうと思う。

読み終えた頃には、すぐに行動に移したくなるはずだ。

1,不動産会社の社長の多くが抱えている悩み

もし、あなたが不動産会社の社長で、今抱えている悩みがあるとすればどんな事だろうか?それは、人それぞれかもしれないが大きく分けて下記のどれかに当てはまって居ないだろうか?

1-1、出来る営業マンと出来ない営業マンの差が大きい

これはどこの業界でも同じ事が言えるのだが、不動産の営業マンでも良く見られるはずだ。例えば、A君はお客さんを案内して内見して申込みから契約までをスムーズに行い成約率も高い。こういった社員は安心して任せる事が出来るので社長にとっても頼もしい存在であるはずだ。

しかし、一方でC君は案内までしたは良いが、申込み段階まで中々いかずお客さんが帰ってしまい再来店してくれない。もしくは、申込みはしても最後の最後でクロージングが出来ない。

これは、社長にとっては一番ガックシ来る事ではないだろうか?せっかくお金を払って集客して来店してくれたお客さんを営業マンの対応一つが原因で帰らせてしまう。きっと、A君が担当していたら結果が違ったかもしれないな。と心の中では思っているはずだ。

しかし、営業マンは何も考えていない事が多い。自分が担当した場合と優秀な営業マンが担当した場合だと必ず結果が変わってくるのに。実際その営業マンは何事もなかったように平気な顔しているのだ。

この記事を書いている私も同じような気持ちになったことがあるのも事実だ。実際今の悩みでもある。

1-2、戦力になってきた頃に辞めてしまう

恐らく社長の抱える悩みの一つに人材における悩みは無いだろうか?せっかく、ある程度戦力になってきたと思ったら辞めてしまう。

だいたい4,5年で転職するのが不動産業界の平均値と言われるからだ。4,5年やればある程度知識や経験も付いてくる頃なので社長としてはまた1から新しい人材を育てなければいけないという悩みが生まれる。実際、これって心理的な負担は大きいはずだ。

1-3、一度来店して案内までしたお客さんが他のお店で契約してしまう

これも以外とよくある話ではないだろうか?せっかく来店してくれていくつか内見して回ったのに他のお店に行ってしまいそこの営業マンが成約してしまう。

お客さんは、そのお店ではあまり気になるお部屋を紹介されなかったから他のお店に行けばもっと良いお部屋を紹介して貰えるかもしれない。そう言った心理になっている事が多い。

しかし、それも新人営業マンはお部屋を紹介することに必死で、お客さんの本心(理想のお部屋)のイメージまでを考えてまで紹介している営業マンはあまり多くない。

もし、他のお店の営業マンが、お客さんのイメージと一番近いお部屋を紹介することが出来ていたらその営業マンの事を信用するに違いない。

ファーストコンタクトで負けてしまっている事が一つの原因だろう。しかし、その原因がわかっていない営業マンは多い。又そこまで深く原因を考えていない場合も多い。

しかし、これらの悩みを全て解決する為の方法がある。それは、経験でも無ければ、小手先のテクニックやノウハウなどでは無い。

暦学堂ではお部屋探し×風水×心理学を組み合わせたパワーマップというツールを提供している。パワーマップを使えば、お部屋探しにおける顧客心理に新たな価値観を提供する事が出来る。そして、結果成約に繋がる為の大きな武器になる。

それでは、どういった場面でパワーマップを使うのか?

パワーマップを使うことで、社長の抱える悩みがどういう風に解決出来るのか?

そんな事を詳しく紹介していくとしよう。

2、社長の悩みを全て解決するパワーマップの秘めた潜在能力

人の価値観はバラバラだ。自分はこう感じたのに、あの人は全く違う感じ方をしている。僕は好きなお店で落ち着くけど、友人はあまり好まないらしい。

こういった事は普段の生活でもよくあることではないだろうか?実はこれって全て価値観の違いから来ることだ。価値観の違いは生活レベルに応じたり、環境の変化によって日々変わってくる。

しかし、日本人の根本には変わることが無い価値観もある。それが、信仰心だ。突然、こんな話をすると大分話が逸れたように感じるかもしれないがしっかりとした理屈がある。

なにが言いたいかというと、日本人は特に宗教心が強くない方でも初詣は行くし、地鎮祭などを行う方が殆どだろう。少なくても、初詣は大抵の方が行くはずだ。そこには日本人ならではの御利益を貰いに行きたい、縁起を担ぐ。そんな信仰の気持ちが強く根付いて居るからだ。

結婚式を挙げるなら仏滅よりも大安を選ぶ方が殆どだと思う。実際、生活しているとこう言った価値観は暗黙のルールのように強く根付いて居る普遍的で変わらない事だ。

実はパワーマップにはこのような要素が大いに含まれている。

例えば、北枕は良くないと言われれば北向きに枕を向けて寝るのは勇気がいる。テレビで宝くじは神棚に仕舞うと良い。と言われれば多くの方が実証するのでは無いだろうか?

パワーマップはこう言った価値観を使う事で人々のお部屋探しをサポートする。自分とそのお部屋の相性が凄く良いと言われれば、一つの候補として浮上する。たとえそのお部屋が気に入ったお部屋では無かったとしてもだ。

2-1、営業成績に差を無くすパワーマップの一つ目の役割

1-1、出来る営業マンと出来ない営業マンの差が大きい←社長の持つこの悩みを解決する為に役に立つのがパワーマップだ。

パワーマップを使うことでその営業マンの力量に左右されること無くスムーズに契約が進むようになるからだ。

お部屋を探している顧客心理と言うのは少しでも理想に近いお部屋に住みたいと考えている。営業マンはお客さんの理想に少しでも近い提案をし申込み段階まで行ったとしよう。

ここからは、お客さんに決断して貰う段階に入っていく。

この段階が営業マンの差が結果として出てくる所だ。出来る営業マンは、決断してもらう為の技、経験、説得力がある。これはに経験やセンスが大きく関係してくる。

しかし、新人営業マンや伸びない営業マンはこのクロージング段階で失敗している事が多い。お客さんペースの空気感がそこには無いだろうか?自信が無い。それがお客さんに伝わる。お客さんの心理に不安や迷いが生じる、それがお客さんが決断出来ない大きな要因だ。

では、お客さんの心理に決断したくなる大きな影響を与える事が出来るパワーマップの持つ価値観を提供してみよう。

パワーマップを使い、お客さんはそのお部屋と相性が良いのか?それともイマイチなのか?お客さんとコミュニケーションを取りながら盛り上がれば良い。

もし、引越しするならこの日が良いみたいですよ。と教えてあげれば尚、盛り上がるはずだ。

パワーマップは一つのアプリケーションになっていて、お客さんが不動産屋でお部屋探しをしている際にサービスを受ける事が出来る。そのお部屋の間取り図、名前、性別、生年月日、住所を入力すると、お客さんはそのお部屋が自分と相性が良いのか、それともあまり良くないのか。

と言った事がわかるようになっている。

その結果はS・A・B・C・Dで反映されるようになっている。因みにパワーマップの画像の中断左側に記載されているのはB結果だ。相性としては普通と言った所だろう。

実は、これはお部屋探しをしているお客さんの心理に大きな影響を与える。

又、お客さんが引越しを予定している期間を入力するとその中からいつが引越しに適しているのか?引越しするならいつが良いのか?そんな情報まで教えてあげる事が出来る。又、そのお部屋からどっち方面に旅行に行くと良いらしいですよ。

と言った事まで教えてあげる事が出来る。それがパワーマップだ。話は逸れてしまったが、営業マンの最後の契約時にお客さんが迷っているときに、そのお部屋との相性を導き出してあげればお客さんは喜んでくれる。

又、相性が抜群に良ければお客さんはそのお部屋に決める決定的な理由になる。これなら、最後のクロージング段階で営業マンの力量に頼ること無くスムーズに契約に結びつける事が出来るようになるのだ。

2-2、新人営業マンが依存してしまうパワーマップのもう一つの魅力

1-2、戦力になってきた頃に辞めてしまう←これを解決するのもパワーマップの持つ隠れた魅力だ。

お部屋探しはある程度経験や知識のある営業マンの方が契約までの道のりはスムーズに出来る。しかし、パワーマップは新人営業マンでも同じ土俵で使え、結果を出すことが出来る。

パワーマップは営業マンの力量で左右されない確固たる価値観を顧客に届ける事が出来る。

相性を見て、結果を見て決めるのはお客さんだ。

営業マンはお客さんの判断に任せれば良いだけだ。

2-3、お店の差別化が出来るとお客さんは戻ってくるようになる

1-3、一度来店して案内までしたお客さんが他のお店で契約してしまう←これって良くあることだと思う。実際、私も同じ経験をしたことがある。

しかし、これを解決するのもパワーマップの持つ大きな影響力だ。

賃貸仲介を主に行う不動産会社が取り組んだパワーマップを取り入れた新しい差別化

このブログでも紹介したが、他のお店で紹介されたお部屋をパワーマップを使って相性を知りたいという理由で、お店にまた再来店すると言った行動を取ったお客さんが居た。

パワーマップを導入していたお店は契約までいき、パワーマップを導入していない店舗はこうした機会損失を招く結果となったのだ。

3、最後に

今回はパワーマップの持つ隠れたポテンシャルを3つ紹介させて頂いた。

そして、社長の悩みを解決する為の要素がいくつも備わっている事も理解して頂けたのでは無いだろうか。

もし、あなたの会社が本気で売り上げを伸ばしたいと思っているならパワーマップを避けては通れないのだ。